生涯続けるライフスタイルとして、あるいは、短期的な浄化としてビーガン食を実行している場合、食事から肉と乳製品を除去することは、健康的なライフスタイルを維持するための素晴らしい方法だと言えるでしょう。しかし、最も重要なのは、体の適切なバランスを維持するために必要なビタミンや栄養素を十分に摂取することです。

  1. タンパク質:ビーガンやベジタリアンについて最もよく聞かれる質問の中に、「肉を食べずにどうやってタンパク質を摂取するのですか?」というものがあります。植物性タンパク質は、ほうれん草やエンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、その他の豆類、ナッツ(ホール、ナッツバター ナッツミルクなどあらゆる形態)、ヘンプ、発芽穀物パン、さらには、豆腐、グルテンミート、テンペなどの肉の代用品に含まれています。
  2. カルシウム:骨を作るカルシウムは、柑橘類の果実やジュース、非乳製品ミルク、カラードグリーン、ケール、ほうれん草、カブの葉、ルッコラなどの色の濃い葉物野菜に多く含まれます。オートミール、大豆、アーモンド、イチジク、ブロッコリー、豆、豆腐、ひまわりの種もカルシウムの宝庫です。
  3. オメガ3:魚を食べない方は、亜麻仁、チア、ヘンプなどの種子類はもちろん、豆、冬カボチャ、葉物野菜、海藻、ナッツからもオメガ3を摂取することができます。鉄分:ほうれん草、芽キャベツ、豆、レンズ豆、玄米、ひよこ豆、ゴマやタヒニ、キヌア、スピルリナ、さらに桃やレーズンなどのドライフルーツは、鉄分が豊富なビーガン食品リストのトップを占めます。
  4. ビタミンD&B12:これらの2つの必須ビタミンを十分に摂取することは、食生活の形態に関わらずとても困難なため、推奨量を摂取できるよう、毎日マルチビタミンを摂るのがベストです。