コンテンツにスキップ
Vitamix 100周年

会社沿革

Barnard Sales Co

BARNARD SALES CO.

「パパ・バーナード」という親しみを込めた愛称で知られているウィリアム・グローバー・バーナードは、実演を通して家庭用製品を販売する会社を設立します。早期の成功を収めることとなった25セントの「ポリー・カンオープナー」によって、人々は一年中健康的な食品をより安全かつより容易に摂り入れることができるようになりました。

Vita-Mixへの道

Vita-Mixへの道

五大湖博覧会を目指してオハイオ州クリーブランドに向かったバーナード一家は、すぐにその地に本社を構えることを決めます。栄養への情熱は、一家をビタミンや健康食品の通販ビジネスの構築へと突き動かします。進取的なエンジニアであり、ブレンダー製造業者でもあるアル・バースティドとの出会いを機に、パパ・バーナードは、ブレンダーに健康維持の秘訣があるのではないかと気付かされます。最初のVita-Mixが、栄養価の高いホールフードを美味しく味わう簡単な方法として開発され、$11.95で売り出されます。

Natural Foods Institute

NATURAL FOODS INSTITUTE

ホールフード革命を促進しようというパパ・バーナードのビジョンが形になっていく中、バーナード一家は健康食品を扱う店舗をオープンし、社名を新しくNatural Foods Instituteに変更します。

Vitamix世界本社設立

世界本社設立

会社をオハイオ州オルムステッド・タウンシップに移転し、ビル・バーナードが簡素な1,000平方フィートのオフィスビルを建てます。バーナード一家がVita-Mixマシンの直接販売と実演販売に重点を置くにつれ、健康食品部門は縮小していきます。

ルースのレシピ

ルースのレシピ

パパ・バーナードの息子であるビルの妻、ルース・バーナードは、Vita-Mixや他のピューレマシン用のレシピブックに、500件のビタミン豊富なレシピを提供します。健康的な食事を可能にするルースの新たな試みに後押しされ、Vita-Mixマシンは他のブレンダーよりも市場で優位に立ちます。

世界初のインフォマーシャル

ビル・バーナードは、クリーブランドのWEWSで、世界初の試みとなる30分のインフォマーシャルを放送するように父親を説得します。広告費を回収するためだけでも、Vita-Mixマシンを18台販売する必要がありましたが、当夜の販売実績は400台を上回りました。

1955年 パパ・バーナード引退

パパ・バーナード引退

パパ・バーナードは会社を家族に譲り渡します。ビルとルースは事業を法人化し、オルムステッド・タウンシップの敷地内に、3,400平方フィートのログハウスを建てます。夫妻は全米を巡りながら、Vita-Mixマシンを使って健康的な生活のメリットを実演していきます。

グローバー・バーナード

グローバー・バーナード

ビルとルースの息子であるグローバーが入社します。クローバーは事業の中心をVita-Mixマシンとその技術革新だけに移し、健康食品部門を中断します。1966年、社名をVita-Mix Corporationに変更。グローバーはその後1985年に社長に就任します。

Vitamix世界進出

世界進出

ビルとルースの息子でグローバーの兄弟であるジョン・バーナードが、1981年にヘッドエンジニアとして再入社します。ジョンはカナダの基準に合わせてVita-Mix3600を再設計し、将来、国際販売を展開するための準備を整えます。その後も製品開発、製造、販売に大きな影響を与え続け、1999に社長に就任します。

Vitamix小売業拡大

小売業の拡大

ホールフードムーブメントが盛んになる中、Vitamix®は、デモンストレーションと植物由来のレシピを、コストコをはじめとする小売店に提供します。

ジョディ・ベルク

ジョディ・ベルクが会社のトップに

ジョディ・ベルクが社長に就任し、1年後にはCEOとなりました。そして、彼女の父、ジョン・バーナードが会長に就任しました。現在では80か国以上に進出し、州政府や連邦政府から輸出優秀賞を受賞しています。

マシン台数100万台

マシン台数100万台

Vitamix, having opened a 175,000-square-foot operations center in Strongsville, Ohio, hits the 1 million mark in machines manufactured over a single year.

次の世紀に向けての取り組み

次の世紀に向けての取り組み

パンデミックの最中、Vitamixは危機におけるリーダーとして認められ、変化をもたらすことへの強い価値観、目的、情熱が、会社の業績だけでなく、より大きなコミュニティにも影響を与えることを実証しています。

Vitamix100周年

Vitamix100周年

4世代にも及ぶ100年間という時を経て、130か国で販売されるようになったVitamixファミリーのビジネスは、ジョディ・ベルクのリーダーシップの下で繁栄しています。ジョディは、健康食品に向けた目的と情熱を企業文化に吹き込むことで知られています。

「人々の食べ方を変えることができれば、未来を変えることができます。」
–ジョディ・L・ベルク博士、Vitamix社長兼CEO

ホールフードヘルスの先駆者

当初から、Vitamix®はホールフードの栄養学に根ざしていました。1921年以来多くの変化がありましたが、健康とウェルネスを通じてより良い生活を目指すという姿勢は変わりません。

ホールフードの栄養素

すべての始まり

バーナード一家は、家族の慢性疾患に対する自然な解決策を見つけたことをきっかけに、ホールフードの栄養に対して情熱を持つようになりました。彼らはベジタリアンになり、食事から砂糖やカフェインを抜いたりしました。このライフスタイルの変化による効果を目の当たりにした彼らは、ホールフードの力を信じるようになりました。

Natural Foods Institute

栄養へのこだわり

1930年代後半までに、バーナード家は健康的な食事の普及をライフワークとするようになりました。彼らの健康食品やビタミン剤の通信販売事業は、Natural Foods Instituteへと発展しました。パワフルなブレンダーがあれば健康食品をおいしく食べられるとパパ・バーナードが考えたことから、Vita-Mixが生まれ、ファミリーストアでも販売されるようになりました。

植物性ホールフード

ホールフードの啓蒙

1937年、パパ・バーナードは、多くの一般的な病気の治療法として自然食品を挙げた本を出版しました。40年代以降、ルース・バーナードはコアビタミンを豊富に含むレシピの開発に精力的に取り組みました。80年代から90年代にかけてのダイエットブームの中、Vitamixはカロリーと栄養の違いを世間に広める活動をしました。現在、Vitamix財団は、植物性のホールフードを摂取を通じて、食事に起因する病気を撲滅することを追求しています。

次世代ブレンディングマシンのイノベーション

健康を改善するためのイノベーション

当然のことながら、Vitamixがホールフードヘルスに取り組むための最大の方法は、次世代のブレンディングマシンの継続的なイノベーションです。業界をリードするデザインとエンジニアリングにより、家庭でもプロのキッチンでも、そしてそれ以外の場所でも、ホールフードの栄養を簡単に、効率的に、そして美味しく摂取することができます。

長年にわたるVitamix®の歩み

最初の家庭用ブレンディングマシンから、業務用キッチンへの展開、そして最新のイノベーションまで、Vitamix®の進化をご紹介します。

一定時間操作されなかったため、セッションがタイムアウトになりました。

ページの再読み込み