コーヒー、特製ドリンク、ミキサー、特許取得済みのディスペンシングシステムなど、Nestlé Professional™ Vitalityのドリンク製品は、世界中のほぼすべてのクルーズ船に搭載されています。クルーズラインの顧客の非常に多い消費量、サービス時間に対する期待、およびトレーニングコストのため、Vitalityはボタンを押すだけで簡単に動作し、長年の激しい使用に耐えられるブレンディングマシンを必要としていました。

Vitality Cruise Ship Services and Customer RelationsマネージャーのPam Elliott氏は、Vitamix Portionブレンディングシステムの最も優れている点は、高頻度の使用に対する頑丈さと信頼性だと言います。「通常のレストランは、1日で10から20、あるいは100のフローズンドリンクを作れば十分かもしれませんが、クルーズ船では午後だけで2,000から3,000のドリンクを作ります。しかもカクテルだけではなく、スムージーも作らなければなりません。」と、Elliott氏は言います。「そのような量に対応でき、一貫して高い品質のドリンクを作成できるマシンが必要でした。さまざまなマシンを試しましたが、私たちの高い基準を満たすことができたのは、Vitamix Portionブレンディングシステムだけだったのです。」

Elliott氏は、クルーズラインでは信頼性が特に重要であると述べています。というのも、船が港に停泊するのは一度に1〜2日のみで、メンテナンスや修理の時間がほとんどないからです。「修理に費やす時間が少なくなればなるほど、マシンを使用してクルーズラインのお客様のためにドリンクを作る時間が増え、私たちの利益も増えます」と、Elliott氏は述べています。

クルーズ船でのフードサービススタッフの離職率は比較的高いためにトレーニングが常に必要になるので、Portionブレンディングシステムのシンプルさも大きなメリットの一つです。ボタンを押すだけで、一度に最大4つのドリンクを作るように簡単にプログラムできます。また、システムが毎回各材料を正確に適量で配分するので、クルーズラインの運行会社は、バーテンダーが注ぐ量が多すぎたり少なすぎたりしないか、顧客がドリンクの品質に不満を持ったりしないかを心配する必要はありません。「クルーズラインの運行会社は、材料を無駄にしないことでコストを抑えています。お客様は、毎回同じ味の完璧にブレンドされたドリンクを楽しむことができて満足しています」と、Elliott氏は述べています。