より美味しいハンバーガーを作る秘訣、それはバラエティの豊かさです。味気ない冷凍バーガーのせいでベジバーガーを敬遠していた方は、ぜひご注目ください。自家製ベジタリアンバーガーは簡単に作れ、市販の製品よりもはるかに美味しく、実にさまざまな食材を使うことができるため、決して食べ飽きることはありません。

肉に代わるさまざまな食材

屋外パーティーを開いたり、肉に対するこだわりが強い人にも喜ばれる、肉を一切使わないベジタリアンバーガーをふるまったりするときは、通常のビーフパテの代わりに、肉を使わないベジバーガーを出しましょう。野菜、豆類、穀物など、基本的にパテに形成できるものであれば、実にさまざまな食材でハンバーガーを作ることができます。肉を使ったハンバーガーの代わりに、Vitamixのシラチャーアイオリソースの黒豆ハンバーガーをお試しください。

新しい野菜を取り入れる

ズッキーニ、トウモロコシ、ブロッコリー、人参、玉ねぎ、ピーマン、じゃがいも、きのこなどの野菜を、豆腐、黒豆またはひよこ豆、レンズ豆、ひまわりの種やナッツ、大麦、雑穀、キヌアなどの穀物と混ぜ合わせてみましょう。卵とパン粉(またはオーツ麦)は、すべての食材を一つにまとめるつなぎの役割を果たしてくれます。

新鮮なハーブと調味料を使う

刻んだ新鮮なハーブを加えて、新鮮な風味をプラスすることもお忘れなく。パセリ、チャイブ、オレガノ、コリアンダー、バジルはどれも素晴らしい風味を添えてくれます。パテの代わりに、マリネしたポートベローマッシュルームのかさを丸ごと焼いたり、スライスしたナスを焼いたりして、土の香りがする、栄養たっぷりで満足感のある具材を作るのもおすすめです。

国際色豊かな風味

調味料などを使って、自家製ハンバーガーに国際色豊かな風味を添えましょう。ハラペーニョやチポトレのピクルスを、ワカモレをたっぷり塗った黒豆パテに添えてメキシコ風にしたり、ガラムマサラやカレーパウダーを、チャツネをトッピングしたひよこ豆バーガーに加えてインド風バーガーにしたり、オリーブや天日干しトマトを加えて栄養満点のイタリア風パテにしてみましょう。また、ファラフェルにタヒニを加えれば中東風のベジタリアンバーガーに早変わり。ベジタリアンの方にも、肉好きの方にも同じように喜んでいただける簡単なレシピです。

以下のVitamixレシピの中からお好きなものを自家製ベジバーガーにかけましょう。

  1. チポトレピーナッツソース
  2. シラチャーアイオリソース
  3. チポトレペッパークリームソース
  4. マヨネーズ
  5. フムス
  6. ケチャップ

Vitamixのベジタリアンレシピをもっとご覧ください。