注目トレンド:次回の集まりの場で振る舞うドリンクには、お料理と同じくらい力を入れてみましょう。Liquid Kitchenのキャシー・ケーシーやLiquid Architectureのキム・ハサルドといったドリンクメニューを専門に手掛けるシェフは、カクテルやノンアルコールカクテルに革新的なアプローチを取ることによって、常連客を増やしています。

「カクテルは、食事のメニューのように、お料理の一部として捉えてください」とハサルドシェフは言います。「食材を混ぜ合わせてさまざまな味覚を刺激し、風味、食感、香り、飾り付けを組み合わせてあらゆる感覚を魅了するのです」

市販のドリンクのことは忘れましょう。新鮮で高品質な食材を使い、ちょっとした創造性を発揮するのがカクテル作りのコツ。Vitamixを使って新鮮な果物や果汁からレストラン品質のカクテルを作りましょう。バジルやキュウリなどのハーブや野菜も使ってみるのもおすすめです。グラスの底に果物やハーブを少量入れれば、オリジナルカクテルの風味を高めてくれます。ハーブの枝、ライムやつやのあるオレンジの半月切りなど、少量を飾り付け用に取っておきましょう。

Create delicious “rim trimmers” by moistening the rim of the glass, then dipping the lip of the glass in a shallow dish of an ingredient compatible with the recipe. Sugar, salt, and finely grated coconut are a few examples. Try using colored sugars for a pretty accent. Hint: turn your blender lid upside down as a salt/sugar tray for rimming glasses.

Enjoy these chef-inspired cocktails at your next soiree: