感謝祭のディナーでは、通常、鳥や動物の肉が主役になります。しかし、肉を使わなくても、お客様に満足していただける感謝祭のごちそうは簡単に作れます。肉を使わないメニューを主菜に含めるだけでも、ベジタリアンやビーガンのお客様にお腹いっぱい楽しんでいただけます。旬の農産物やナッツのように濃厚な味わいの食材を試し、伝統的な感謝祭のレシピに代わる、肉を使わなくても栄養満点の料理を作りましょう。

肉使わないスタッフィングを作りましょう

肉を使わなくても、スタッフィングのような伝統的な感謝祭の料理を作ることができます。お好みのレシピから肉を省き、代わりにスパイシーなイタリアンビーガンソーセージを使います。または、リンゴやセージを使った秋にふさわし風味を持つビーガンソーセージを探しましょう。

代替肉製品を避けたい場合は、椎茸を使ってスタッフィングにコクのある風味を加えましょう。椎茸には「うま味」が豊富に含まれているため、実際には肉を使わなくても、スタッフィングには肉のようなコクが生まれます。半分に切ったどんぐりかぼちゃにスタッフィングを詰めてオーブンで焼けば、満足感と食べ応えのある肉を使わない主菜が出来上がります。

ミニポットパイを作ってみましょう

ポットパイはほっとする味わいで、食べ応えとコクがあり、美味しい感謝祭のディナーに望むものすべてを叶えてくれます。そして、ほとんどのポットパイには鶏やその他の肉が入っていますが、肉を使わない感謝祭の料理には、野菜やマッシュルームグレービーを使って栄養満点のポットパイを簡単に作ることができます。Vitamixマシンで美味しいペストリー生地を作り、角切りにしたバターナッツスクワッシュ、みじん切りにしたチャードや恐竜ケール、人参、セロリ、玉ねぎ、赤豆または白豆をそれぞれのポットパイに詰めます。野菜はどんな組み合わせでもポットパイと合います。農産物直売所で最も見栄えの良い農産物を選び、地元産の食材を使った風味あふれるポットパイを作りましょう。

このビーガングレービーで感謝祭の食事に深い味わいを添えましょう!

ストレスフリーのビーガングレービー

Vitamixを使えば、ほんの数分でこの美味しいグレービーが完成します。

  • オニオンパウダー 小さじ1
  • ガーリックパウダー 小さじ3/4
  • 乾燥タイム 小さじ1/2
  • ニュートリショナルイースト 大さじ4と1/2(23g)
  • 乾煎りした玄米 1/2カップ(90g)
  • ディジョンマスタード 小さじ2
  • 粉末黒胡椒 1つまみ
  • コーシャーソルト 小さじ1/2(お好みで)
  • 野菜ストック 3カップ(720ml)

  • Directions:

    1.すべての材料を記載されている順にVitamixコンテナに入れ、蓋をしっかり閉めます。

    2.速度を最低に設定してブレンダーのスイッチを入れ、すぐに最高速度まで上げます。5分45秒間、またはとろみがついて温かくなるまでブレンドします。

    合計時間: 16分

    出来上がりの量: 16人分、960ml、4カップ

    コンテナ: 2.0L(薄型)

    シェフの一言:

    玄米を乾煎りするには、乾いているフライパンに入れ、中火でうっすらと焼き色がついて香りが立つまで火にかけます。この手順は任意ですが、完成したグレービーに風味が出ます。

    きのこのクルミ詰めを作りましょう

    肉を使わない料理の課題の1つは、食事に深みとコクを加えることです。クルミを活用しましょう。クルミには繊維やミネラルが豊富に含まれているだけでなく、その脂肪含有量の高さや自然のコクも、野菜ベースの料理を栄養満点の主菜にしてくれます。

    目にも舌にも美味しい豪華なきのこのクルミ詰めを作りましょう。クルミを、ソテーしたきのこと玉ねぎ、全粒粉パン粉、クランベリー、刻んだリンゴとセージと一緒に、Vitamixマシンでひとつにまとまるまでブレンドします。出来上がった具をポートベローマッシュルームのかさの部分に詰め(軸は取り除きます)、具がきつね色になるまで焼きます。おろしたてのパルメザンチーズを振りかけたらすぐにお召し上がりください。