コンテンツにスキップ

カリフラワーのフムス

このレシピでは、ヒヨコ豆を使った伝統的なフムスにカリフラワーを足して、より一層クリーミーに仕上げました。

カリフラワーのフムス

食材

  • カリフラワー 小さく切った房 600g(6カップ)
  • エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1(ロースト用にお好みで)
  • カレー粉 小さじ2
  • 粉末黒胡椒 小さじ1/2
  • レモン 小2個(皮をむく)
  • ひよこ豆の缶詰 908g(2缶)缶汁は切り、1/2カップ分残す
  • ゴマまたはタヒニ 70g(1/2カップ)
  • にんにく 小2かけ
  • クミンシードまたは粉末クミン 小さじ2

作り方

  1. オーブンを230°Cに予熱します。天板にクッキングシートを敷いておきます。カリフラワーの小房をエクストラバージンオリーブオイル、カレー粉、黒胡椒で和えます。準備しておいた天板に均等に広げ、20分間または柔らかくなるまでオーブンでローストします。
  2. ピーラーや果物ナイフで、レモンの皮と白いワタを取り除き、果肉だけを残します。
  3. レモン、ひよこ豆と缶汁、ゴマ、にんにく、クミン、ローストしたカリフラワーを、記載されている順にVitamixコンテナに入れ、蓋をしっかり閉めます。
  4. 最低速度を選択してブレンダーのスイッチを入れ、すぐに最高速度まで上げます。タンパーを使って材料をブレードに集めながら、1分間ブレンドします。

シェフの一言

  • コンロにかけたフライパンでゴマを軽く炒ってからブレンドすると、フムスの風味がさらに引き立ちます。この方法ではフムスがいっそう香ばしくなるため、お好みでゴマの代わりに同量のタヒニを代用することもできます。
  • 市販のボトル入り果汁の代わりに、新鮮なレモンを丸ごと使ってみましょう。新鮮な果物は健康的で風味を豊かにするだけでなく、ホールフードのメリットも得られます。レモンの皮を1~2切れ使って、風味のバランスを調えましょう。
  • ひよこ豆の缶汁はアクアファバと呼ばれ、一部のレシピでオリーブオイルの代わりに利用できます。また、泡立てればホイップクリームの代用にもなる素晴らしい食材です。

一定時間操作されなかったため、セッションがタイムアウトになりました。

ページの再読み込み