ビーガン食、乳糖不耐症、栄養素の種類、または単に味の好みなど、人々が従来のミルクに代わるものを求めている理由は実にたくさんあります。自家製非乳製品ミルク作りは、思っているほど難しくありません。ナッツミルク、ココナッツミルク、オーツミルク、豆乳、ライスミルクなど、どれも大型のVitamixブレンダーを使えば数分で簡単に出来上がります。必要な食材を準備して、新鮮でクリーミーな非乳製品ミルクをご自宅で作れば、市販の製品を購入することはなくなるでしょう。

しかし、どうすれば自分に合った自家製非乳製品ミルクを知ることができるでしょうか。以下で、非乳製品ミルクをその特徴と合わせていくつかご紹介します。

アーモンドミルク

非乳製品ミルクの中でおそらく最もよく知られているアーモンドミルクは、アーモンドと水の2つの食材で作られています。そのほのかな甘みとナッツの風味は、スムージー、コーヒー、シリアル、料理、お菓子作りなど、ほとんど何にでも合います。抹茶のアイスバブルティーや、チアシードのブレックファーストポリッジ作りにぜひお試しください。Vitamixのアーモンドミルクのレシピは無糖で、心臓の健康に良い脂肪を含み、繊維、ビタミンD/E/A、さらには、カルシウム(従来のミルクよりも高含有量)、マグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄分が多く、栄養面で優れています。

豆乳

朝食のシリアルやお菓子作りに最適な豆乳は、タンパク質が豊富で、繊維と鉄分が多く、従来のミルクよりも多くのカルシウムとビタミンDが含まれています。自家製豆乳作りには、(水に漬けた)乾燥大豆、グラニュー糖、水が必要です。栄養がぎっしり詰まったオールミックススムージー桃のグリーンスムージーのベースをはじめ、ビーガントリュフ桃の豆乳シャーベットなどのお菓子に最適です。お好みのマフィンに混ぜ入れて焼いたり、サラダドレッシングに加えたり、そのままシリアルにかけたりするのもおすすめです。

ライスミルク

オルチャータを連想させる、クリーミーな、シナモンシュガー風味のメキシカンドリンクであるライスミルクは、簡単に作れ、しかも安価です。炊いた玄米、水、少量のブラウンシュガーをVitamixでブレンドするだけで、繊維が多く、ビタミンBや、マンガン・セレンなどの抗酸化物質が豊富な、ナッツも大豆も使わない非乳製品ミルクが出来上がります。栄養満点のナッツと穀物のブレックファーストスムージーに入れたり、自家製コーンブレッドに混ぜ入れて焼いたりしてみましょう。

オーツミルク

非乳製品ミルクの最新ドレンドは、シンプルにスチールカットオーツと水で作るオーツミルクです。クリーミーでコクと甘みがあり、ナッツアレルギーがある方だけでなく乳糖不耐症や大豆不耐症の方にもお飲みいただけるこのミルクは、コーヒードリンク、スムージー、焼き菓子との相性が抜群です。さらに、塩分と糖分を含まず、繊維が豊富で低脂肪なため、飲むオーツ麦として満足感を与えてくれます!

さあ、非乳製品ミルクをブレンドしてみましょう。事前に材料を水に漬けるか、ライスミルクのように玄米を炊いておく必要がありますので、まずは事前にご希望のレシピをお読みください。また、上記のレシピをブレンドしたあと、目の細かい漉し器または漉し布を使うと、最高に滑らかなミルクに仕上げることができます。純度の高いバニラエッセンス、シナモン、クローブ、デーツやアガベシロップなどの天然甘味料を加えて、非乳製品ミルクの風味をお好みに合わせてアレンジしましょう。オーツミルクや豆乳には、塩をひとつまみ加えると特に良く合います。ほとんどの非乳製品ミルクは、冷蔵庫で3〜4日持ちますので、その間に手作りの風味をご堪能ください。

さまざまな非乳製品ミルクのレシピをもっとお探しなら、Vitamixのレシピをご覧になるか、#myvitamixのタグをつけて自分のオリジナルレシピをシェアしましょう。