チレスエンノガダ

1800年代に、修道女により考案された伝統的なメキシコ料理。メキシコの独立記念日の前後数週間にわたり食べ続けられてきた、風味豊かな一皿です。

Chiles-en-Nogado-470x449.jpg

Sauce

食材

  • クルミ 120g(1カップ)
  • ミルク 480ml(2カップ)
  • ケソフレスコ 115g
  • サワークリーム 360g(1と1/2カップ)
  • グラニュー糖 大さじ1と1/2
  • シナモンパウダー 小さじ1/4
  • 塩 小さじ1/2

作り方

  1. ソースを作ります。クルミとミルクを混ぜ合わせ、2時間以上、または一晩置きます。こうすることで、クルミの苦みが取り除かれます。
  2. クルミを浸し終わったら水分を切り、2.0Lの薄型コンテナに入れ、サワークリーム、ケソフレスコ、砂糖、塩、シナモンも加えて、蓋をしっかり閉めます。
  3. 「ピューレ」または「ディップ&スプレッド」設定を選択し、マシンをスタートさせます(または、速度1を選択してマシンをスタートさせ、素早く速度10まで上げて1分間ブレンドします)。ソースはあとで使うので、置いておきます。

唐辛子の肉詰め

食材

  • ポブラノ唐辛子 8個
  • オリーブオイル 大さじ2
  • バター(室温) 大さじ1
  • 460 g (1 pound) ground turkey
  • 玉ねぎ 1/2個(皮をむき、さいの目切りにする)
  • ゴールデンレーズン 85g(1/2カップ)
  • 細切りアーモンド 大さじ2
  • リンゴ 1個(種と芯を取り、4等分にする)
  • トマト 440g(1と1/2カップ)直火であぶり、つぶす
  • シナモンパウダー 小さじ3/4
  • 塩 小さじ1
  • 粉末黒胡椒 小さじ1/2
  • クローブパウダー 小さじ1/8
  • ザクロの実

作り方

  1. 次に、唐辛子を直火であぶります。唐辛子を直火にあて、皮が黒くなって表面にブツブツと泡が出るまで焼きます。約2~3分間かけて、全面を焼きます。すべての唐辛子をあぶったら、ボウルに入れて、ラップをぴったりとかけます。これにより、唐辛子がすっかり蒸され、皮をむきやすくなります。
  2. 湿らせた布巾を使って皮をむき、唐辛子を破かないように芯と種を取り除いて、置いておきます。
  3. 大きなフライパンを強めの中火にかけ、オイルとバターを加えます。バターが溶けたら玉ねぎを加え、水分が出るか、透き通るまで、3~4分間炒めます。七面鳥のひき肉を加え、茶色に色づくまで炒めます(8~10分間)。次に、スパイス、リンゴ、レーズン、トマトを加え、5~6分間煮立てて、風味をなじませます。
  4. 肉詰めの中身を唐辛子に1つずつ詰め、ソースをスプーンでかけて、常温でお召し上がりください。