コンテンツにスキップ

ドライブラインのローストターキー

ドライブラインは極上の風味を生むだけでなく、肉を柔らかくジューシーに仕上げます。この極めてシンプルなブラインスタイルは、お客様もそのレシピを知りたがること間違いなし!

Dry Brined Turkey 470x449.jpg

食材

  • 生のタイム 大さじ1 + 枝ごと 2本
  • 生のセージの葉 6枚 + 枝ごと 2本(分けて使用する)
  • 生のローズマリー 大さじ1 + 枝ごと 3本
  • 粉末黒胡椒 小さじ1
  • 塩 15g(大さじ1/4)
  • ブラウンシュガー 15g(大さじ1)
  • にんにく 2かけ + 1個
  • レモン 2個
  • 3.6~4.5kg大の七面鳥肉
  • バター 113g(1/2カップ)
  • 玉ねぎ 1個
  • ターキーブロス 960ml(4カップ)

作り方

  1. タイム 大さじ1、セージの葉6枚、ローズマリー 大さじ1、黒胡椒、塩、ブラウンシュガー、にんにく2かけ、レモンの皮を記載されている順にVitamixコンテナに入れ、蓋をしっかり閉めます。
  2. 最低速度を選択します。マシンのスイッチを入れ、ゆっくりと最高速度まで上げて10秒間ブレンドします。マシンを停止します。
  3. 七面鳥をパッケージから取り出し(内臓は後で使うので取り出しておきます)、キッチンペーパーで軽くたたくようにして水気を取ります。
  4. 皮が破れないように注意しながら、両手で七面鳥の胸肉と皮をそっと引き剝がすようにして肉と皮を離します。2のパウダー 大さじ2を胸肉の皮の下全体に丁寧に擦り込みます。残りのパウダーはももと手羽の皮に使います。
  5. ラップをかけずに冷蔵庫で最低10時間寝かせます。
  6. 七面鳥に下味が付いたら、オーブンを160°Cに予熱します。
  7. 七面鳥を水洗いし、キッチンペーパーで軽くたたくようにして水気を取り、皮にバターを擦り込みます。残りのにんにく1個、玉ねぎ、残りのタイムの枝2本、セージ2本、ローズマリー3本を七面鳥に詰めます。
  8. 七面鳥をロースト用鉄板の金網にのせ、ターキーブロス2カップと内臓をロースト用鉄板に入れます。35~40分ごとにドリッピングをかけながら、オーブンで1時間半ローストします。
  9. 残りのターキーブロスを鉄板に加えます。さらに2時間半~3時間、またはももの部分に差し入れた温度計が73°Cを示すまでローストします。
  10. 鉄板にたまったドリッピングは漉してグレービーに使います。

一定時間操作されなかったため、セッションがタイムアウトになりました。

ページの再読み込み